56号ブログ. レンジローバー、クラシック、エンジンオーバーホール修理 その 1

56号ブログ. レンジローバー、クラシック、エンジンオーバーホール修理 その 1

今回からは6回にわけて エンジンのオーバーホールに書きます

56号ブログ. レンジローバー、クラシック、エンジンオーバーホール修理 その 1

エンジンのオーバーヒートに寄る 修理での入庫です。 オーバーヒートには 幾つかの原因が有りますが、代表的なのは ウォーターポンプ、ラジエーターファンカップリング、ベルト切れなどの劣化が挙げられます。

今回は ヘッドガスケットの亀裂から クーラントが漏れ オイルの漏れも重なり エンジンを下してのオーバーヒートの修理と成りました。

56号ブログ. レンジローバー、クラシック、エンジンオーバーホール修理 その 1

この状態は エンジン上部のパーツ 、配線、配管などを外した画像です、左側の赤い部分は ウォーターポンプです、ディストリュビューターも外し、4つの丸い部分はピストンです、光っている部分が、エンジンブロックです

56号ブログ. レンジローバー、クラシック、エンジンオーバーホール修理 その 1

このパーツは インテークマニホールドガスケットと呼べれるお皿の様な大きなパーツです。上下の穴の部分からは、排気ガスが出るパイプに繋がります。オーバーヒートしますと、この様に劣化が激しくなります

56号ブログ. レンジローバー、クラシック、エンジンオーバーホール修理 その 1

これから マフラーエキゾースト周りを外して エンジンを下しての作業になります。 6回に分けて 掲載いたします。


鈴木誠一 修理ブログ