2019年04月18日

42号ブログ 1964年 ベンツ 300SEクーペ. W112.W111. エンジン不調 修理 その1

先日は群馬県桐生市で、クラシックカーの集まりが有り、私も愛車 1964年のベンツ300SE クーペ W112で初参加させて頂きました、約50台位は集まったのでは、素晴らしかったですよ、また参加したいです この件は改めて書きますね。。。
実はその後に所用で軽井沢に向かう際に、突然のエンジン不調が発生して焦りました それは軽井沢駅に近い、国道18号線との交差点、上り坂の信号機で停車した時と言う・・・ロケーションなのです、何とか目的地に着きまして、私はスパークプラグを外し 点検しました所・・・プラグが黒くカーボンが付着していましたので、交換し点検もしたのですが 工具も無く結果はダメでしたので、JAFをお呼びしてのレッカー車での移動に成り、帰宅と成りました。
人生初のJAFに依頼です。

工場にレッカー車で入庫して 点検してもらうと デストリュビューター内のポイントの不良と点火時期の不良と判明しましたので、修理してもらいました。
ただ 私のベンツは コールドスタートのパーツも不良なので 冬季の冷間時にはどうしてもエンジン不調な成りますので、今回ここを修理したいと思いますが、このパーツは製造されていなくて ドイツにもアメリカにも無く、いま探している最中なのです。

右に有る赤い筒状工具は タイミングライトと言い、タイミングを調べるのに必要な工具の一つです。
修理後は快調です,
次回のブログでは グレー色したプラグコードの交換をします。。今後の予定は、ボディー磨き後にはガラスコーティング加工仕上げ、フロアーには、アスファルトシート張り、スターターモーターの交換などです。

ベンツの修理ブログです

~この記事の著者~

キーウエスト・ ベルスポーツ

修理に関するご相談はこちら

 TEL:048-981-1230
10:00~19:00(毎週火曜日、第二水曜日定休)