2019年05月25日

47号ブログ. CRR.レンジローバー、クラシック、スイベルオイルもれ修理 その 2

前回は、スイベルを分解して行く過程の写真でしたが、今回はその周りのシールやパッキン、ガスケットなどを組み込んで行く経過です。一つ一つを、きれいに石油やスチームで洗浄してから作業に進みます。

組み込む途中では、アッパーピンやロァーベアリングなども有り交換致します。
次回も スイベルのオーバーホールの続きを書きますね・
鈴木誠一 修理ブログ

~この記事の著者~

キーウエスト・ ベルスポーツ

修理に関するご相談はこちら

 TEL:048-981-1230
10:00~19:00(毎週火曜日、第二水曜日定休)