2018年12月05日

レンジローバー ・クラシックレンジ ・エンジン不調 整備 その 3・ 電気系

前回に 続き 電気系の点検 修理です・・・ この写真は イギニッションキーの場所です。 低速度で走行中にエンジンが停止したり 鍵が抜けなくなったり または 鍵が回りづらく なった時に点検が必要になる部分です。

ハンドルのアンダーカバーを外した写真です

キーシレンダーをハンドルのシャフトから外した 写真です

下の 写真は キーシリンダーで 鍵が刺さり 回るパーツです。

この写真は イグニッションスイッチと呼ばれるパーツです。  これが悪くなると 先ほど書きました様に 鍵が抜けなくなったり、鍵が 回らなくなります、そして エンジンが不始動や停止にもつながりますよ。

次回の 鈴木誠一 修理ブログは 燃料系です。

~この記事の著者~

キーウエスト・ ベルスポーツ

新規入庫に関するご相談はこちら

 TEL:048-981-1230
10:00~19:00(毎週火曜日、第二水曜日定休)