2018年11月28日

レンジローバー・クラシックレンジ、 エンジン 不調 整備 その 2・ 電気系

今回は 前回のスロットルなどの 修理の続きで、ディストリュビューターと呼ばれる大事な パーツです、これは エンジンの回転数に合わせて プラグコードを経由して スパークプラグに 電気を送る装置です、ここには モジュール、 ローター、 プレートキット、 ピックアップコイル、バキュームアドバンサーと呼ばれるパーツが有るのです。 これらを テスター(オシロスコープ)で 波形などを調べ 点検、修理または 交換して その後 洗浄 ペイントして 組み上げ 元の位置に取り付け 調整をしていきます。

この写真では 下の黒い箱状のパーツは モジュールと言います、 上のゴールドの円形のパーツは、バキュームアドバンサーです、右の端は  ローターです、その左の 円形のプラスチックは プレートキットです、 この様に幾つ物のパーツを組み上げ、修理してペイントして 新品の様にしてあげます

青いカバーが キャップと呼ばれます、真中がピックアップ コイルです、この部分にローターが付きます。

次回の鈴木誠一 修理ブログは イグニッションキー、ステッパーモーター、燃料系などの点検 修理に 続きます。
鈴木誠一 修理ブログ

~この記事の著者~

キーウエスト・ ベルスポーツ

新規入庫に関するご相談はこちら

 TEL:048-981-1230
10:00~19:00(毎週火曜日、第二水曜日定休)