2018年11月21日

レンジローバー ・クラシックレンジ・ エンジン不調 整備 その 1 ・スロットル系

今回は エンジン不調と、エンジンの停止での入庫が有りました、 実は クラッシックレンジには 非常に多いい 修理の一つです、ただ エンジンが冷えている時に出る症状なのか または 通常の走行時には まったく出ない症状なのかなのですが、信号での停車をしようとして 速度が10~20キロ位になると エンジン回転数が 不安定に成り エンジンがストップしそうに成るのか など様々な 症状が有ります、今回は エンジンの不始動と アイドリング不調と エンジンが停止する事案に依る 修理 依頼でした。

最初に掛る作業です・・・エンジンの中央部の 緑のテープの貼って有る部分の上部や周りを分解して 洗浄して点検し 調整して組み立てます。

スロットルボディーと呼ばれるパーツと、プレナムチャンバー、エアーフロメーター、配管や 配線などを 外して丁寧に 洗浄していきます、ここには 油やほこりが溜まりますので まず エンジン整備の第一歩目です その後にはペイントして 下の写真の様に、新品の様に致します。

この様に 洗浄後には ペイントをしてあげます。

この後は プラグコード ディストリュビューター などを 外して 作業に進み次には ハンドル周りに有る キーシリンダーから イグニッションスイッチなどを 外し 点検 修理にと 進みます、フェールポンプ 燃料系の点検もいたします


これは 修理ブログ その2 その3 などと 続きますので 御覧頂けると 嬉しいです

鈴木誠一 修理ブログ

~この記事の著者~

キーウエスト・ ベルスポーツ

新規入庫に関するご相談はこちら

 TEL:048-981-1230
10:00~19:00(毎週火曜日、第二水曜日定休)