2018年06月20日

レンジローバー、クラッシック、オイル交換 その 2

このパーツは、ステアリングダンパーと、リンクロッドスタビライザー呼ばれるパーツです
オイルパンを外す際には 最初に外すパーツです ステアリングダンパーは オイル漏れと劣化の確認をして、この際は 早めの交換を お勧めいたします。
リンクロッドの端には エンドと呼ばれるボールジョイントが付いて居ります、ゴムのカバーがされているのですが、内にはグリスが注入されています、亀裂が有ると グリスが漏れ出してサビが発生しますので 点検が大事です・・・早いうちならば、ゴムだけでも交換出来ますのでサビが酷くならないうちに対処をお勧めいたします。

このパーツは、スタビライザーと呼ばれ 走行時の左右の振れを制御するパーツです、途中にゴム製で出来たパーツが2つ左右にあります、ブッシュと呼ばれていて 劣化してきますので これも点検です。

~この記事の著者~

キーウエスト・ ベルスポーツ

修理に関するご相談はこちら

 TEL:048-981-1230
10:00~19:00(毎週火曜日、第二水曜日定休)