2018年06月16日

レンジローバー、クラッシック、オイル交換 その 1

エンジンオイルの交換ですが、この写真はオイルパンを外し、 オイルポンプもはずしてから、スチーム洗浄した写真です、右に見える銀色のパーツがオイルポンプです。
オイルパンの中に、摩耗した金属粉が 有るかを確認するのが一番の目的です、二番にはオイルポンプの確認と洗浄です。 金属粉が有るとすれば エンジンの内部で トラブルが発生している事も考えられるのです。

スチームと石油で、丁寧に 洗浄中です。

この様に、最初は オイルかすで 汚れていました。
エンジンオイルの交換で 普段は、オイルとオイルエレメントの交換だけをされていると、思いますが 、この様にオイルパンと オイルポンプも外して 出来れば 5万キロごとに一度は 作業をお薦めいたします。

クラッシックレンジも 年齢が往きつつ 人間の高齢者と同じですからね  大事に下さいね。

~この記事の著者~

キーウエスト・ ベルスポーツ

修理に関するご相談はこちら

 TEL:048-981-1230
10:00~19:00(毎週火曜日、第二水曜日定休)