2019年09月01日

61号ブログ. レンジローバー、クラシック、エンジンオーバーホール修理 その 6

今回は エンジンのオーバーホールの最終版です・・・この様に前回には組み上げていませんでした、ファンネルスロットルボディと呼ばれる シルバーのカバーを取り付け配線や 配管を最終点検して エンジン始動になります。
エキゾーストマニホールドマフラーなどの排気関係の 点検はもちろんですよ。

上の写真には まだ無かった ディストリュビュータープラグコードエアフロメーターエアークリーナーなどを組み付けました。

ベルトの張り具合の調整クーラントの循環やエアー抜きをして 異音等が無いかを点検して エンジンのオーバーホール作業は、いよいよ完了です。

鈴木 誠一 修理ブログ

~この記事の著者~

キーウエスト・ ベルスポーツ

新規入庫に関するご相談はこちら

 TEL:048-981-1230
10:00~19:00(毎週火曜日、第二水曜日定休)