ロンドン紀行記2003

 ロンドン市内でよく見かけるのは、BMWミニですハイウェイでも市内の至る所でも見かけます、やはりミニは国民車なのですね、可愛いだけでなくボディーも室内も広くなり、また馬力も増えパワーステアリングが付いたおかげで今まで以上に女性が乗りやすくなったせいですね、日本でも納車が間に合わない状態です、楽しくてオシャレな車ですから。

さて今回の旅でまた新たな事がいくつか気が付きましたLRショウーは土日でしたのでハイウェイは目的地まで往復約300KMを2日間共は快適な走行が出来ましたが途中にはガソリンを積むタンクローリー車を一台も見る事が無かったのです、実は昨年もその事には感じていたのですが、車無くしては生活が成り立たない国です、電車路線は日本に比べずーと少ないですから、むろんガソリンスタンドは数多く有るのです、田舎では町と町が離れていて回りはどこでも広大な牧草だらけでまるで北海道のようです、それなのに日本の様にどこでもタンクローリーが走って回っているの事がなく、これは土日は休まなければいけないのだと気が付きました、

また小柳さんのお話では日曜日はスーパーやデパートも完全にお休みです、ただし土曜日は6時間だけお店を開いて良いそうですよ、ドイツでは完全にお休みをしないといけないそうです、彼もまたドイツでは困った事が有るそうです、ですから人々は土曜日の買い物は大変だそうです、その点は日本ではどこのデパートでもスーパーでも開店時間が延長されたり、正月早々の開店の便利さとはお国がらの違いが随分と有る物ですね。


理由として、その大きな違いの一つは家族関係に有るそうです、これが実に素晴らしい理由なのですよ。